名古屋はち丸在宅支援センター

文字の大きさ 文字中サイズ 文字大サイズ

在宅医療・介護連携室トピックスの詳細

2024.04.19令和5年度 在宅医療研修会を開催しました

 令和6年3月16日(土)14:00~15:00、 「かかりつけ医としての在宅医療〜かかりつけ医として、患者さんをずっと診ていきたい〜」をテーマに、在宅医療研修会を開催しました。第1部 講義、第2部 対談による質疑応答の2部構成で、WEBにてライブ配信しました。当日は医師だけではなく、在宅医療に従事する多職種、また病院に勤務する看護職の皆さまに視聴いただきました。(当日視聴者67名/参加申込者148名)
 第1部の講義では、医療法人玲生会 にん内科 院長 任 隆光先生により「はじめよう!かかりつけ医による訪問診療」 と題し、実際の経験をもとに、訪問診療を行う際の流れ、ポイントについての講義がありました。外来通院から訪問診療に移行した患者さんのご家族へのインタビュー動画も紹介され、地域で患者さんの療養生活を支え続ける、かかりつけ医の役割の大きさと訪問診療の魅力について、あらためて知る機会となりました。
 第2部では、かわなかクリニック 院長 佐野 由衣先生を聞き手に迎え、「在宅医療、こんなときどうする?」と題して、地域の在宅医療に取り組む両医師が、事前に寄せられた在宅医療に関する質問について、対談形式で答えていきました。かかりつけ医としてできるところから始めてみることや多職種連携の大切さについて、分かりやすいアドバイスとともに、質問への回答がされました。
 アンケートでは、「在宅医療に興味を持った」「在宅医療をおこなってみたい」という回答をはじめ、「在宅医療とは何かということが具体的で分かりやすかった」「モチベーションが上がった」等の感想をいただきました。
 今後も、市⺠の皆さまが安⼼・安全な在宅での療養⽣活を送ることができるよう、かかりつけ医による在宅医療の提供そして多職種連携を推進していくための研修会を開催予定ですので、是非ご参加ください。
※参加申込者を対象としたオンデマンド配信:令和6年3月23日(土)~4月14日(日)


資料1 : 在宅医療研修会 講義資料
資料2 : 在宅医療研修会 アンケート集計結果